東京農工大学総合情報メディアセンターは、
全学を対象とした高速なキャンパスネットワークや
学術情報基盤システムなどを提供しています。

全学の情報システムを管掌する組織として、高度な情報通信技術と多種多様なサービスを取り入れ、全学のさまざまな活動に資する情報環境拡充の一翼を担っています。

Google Workspaceストレージの容量制限について

Google各種サービスで利用しているストレージの利用容量に上限が設けられます

Google社のポリシー変更に伴い,Google Workspaceストレージ(※)の大学全体での容量の利用上限が100TBとなります.これを超過すると全教職員・学生のGoogleドライブで新規のファイル作成や保存が出来なくなる等,教育や業務等に大きな支障が出ることが予想されます.

そのため,大学情報委員会にてGoogle Workspaceストレージの利用は、原則的にGoogleのサービス利用に必要なファイル保存領域や会議等での一時的なファイルの共有領域とし,更に,一人当たりの容量利用上限を教職員15GB, 学生5GBとすることが決定されました.

また,9月13日(火)から1ユーザあたりの使用容量に制限を課されます制限値を超過したユーザは,Googleのサービス利用に大きな制限がかかりますため,使用容量削減へのご対応をお願いいたします

なお,Googleドライブのファイルはゴミ箱に移動するだけでは完全に削除されませんゴミ箱に移動後30日間は使用容量としてカウントされますため,以下の情報を参考に不要なファイルは完全に削除ください
また,本学で契約しているMicrosoft社のOneDriveは1ユーザあたり1TB
まで利用することができます.

※ Google Workspace ストレージとは,Googleドライブ,メール,フォト等を含むGoogleクラウドでのファイルの保存領域です.

【参考となる情報】
Googleドライブ内のファイルやフォルダの削除方法 [2022年6月1日更新]
Googleサービスで保存しているファイルの使用容量を確認する方法 [2022年6月10日更新]
GoogleドライブとOneDriveの主な機能差分 [2022年6月16日更新]
・GoogleドライブからOneDriveへのファイルの移行方法(Windows版/Mac版[2022年6月9日更新]
Googleストレージの保存容量上限超過時の挙動 [2022年7月13日更新]
OneDriveに置いた資料の共有方法 [2022年7月22日更新]

2022年8月5日の合計使用量(前日比)
125.49 TB (-0.04 TB)
ドライブ: 113.79 TB (-0.04 TB)  /  Gmail: 3.92 TB (+0.00 TB)  /  フォト: 7.78 TB (+0.01 TB)

重要なお知らせ

  • 現在メディアセンターWebサイト側の情報は更新が一部追いついていないため、古い情報が残っています

  • オンライン授業に関連したツールの情報をこちらのページにて公開しています。

  • ネットワーク遮断に関しては、ネットワーク遮断ページをご覧ください。(自動遮断情報の確認サイトへのリンクがあります

  • 統合認証(シングルサインオン)のログインはTUAT-ID、キャンパスネットワーク接続はTUAT-ID (またはNetwork-ID) 、農工大のGoogleサービスは農工大Googleアカウントをぞれぞれお使い下さい。( IDとアカウント

  • 申請管理システム(Salut)で行う「ユーザ間での移管手続き」は、移管元での「移管申請移管先での「受理セットで必要です。受理を行わないと移管は成立しませんのでご注願ください。

  • 総合情報メディアセンターで提供しているサービスは、各種サービスは在籍期間のみ利用できます卒業生や退職者を含む離籍者向けにはサービスは提供しておりません。お問い合わせいただいてもセンターとして対応することは出来ませんのであらかじめご了承下さい。

2022年度新入生向け情報システムのご案内(お知らせ)

各種資料
新入生向けに配布している情報システムの利用に関する各種資料です。情報オリエンテーション受講時に必要となります。
- 東京農工大学 情報システム利用を始めるために[PDF]
- 学術情報基盤システム(edu@2021) サービスガイド [PDF]
- 東京農工大学における情報リテラシー[PDF]

情報オリエンテーションに関して
工学部「教養科目」および農学部「情報処理学」の授業の一環です。
対象の新入生は事前にオンラインでコンテンツを必ず受講していただくようお願いします。
(学部毎に情報オリエンテーション専用のClassroomがありますのでアクセスして下さい)
詳細は各学部が用意している新入生オリエンテーションのClassroomの情報を参照して下さい。

学術情報基盤 多要素認証必須化の情報(必ずお読み下さい)

★ 「統合認証システムを利用するサービス」の多要素認証使用の必須化が開始されています ★
必須化されると多要素認証の設定をしないとサインインから先に進まなくなります。

▼必須化後、設定が終わってない方は、こちらを読んで設定してください▼
多要素認証スタートアップガイド(認証用メールアドレス未設定ユーザ用)

・このほか、各スタートアップガイド(CCメールの多要素認証スタートアップガイドはこちら)や多要素認証の利用方法(要認証)を参照してください。
・設定の一部にキャンパスネットワークまたはVPNからのアクセスが必要なものがあります。VPNについてはこちらを参照下さい。
・多要素認証スタートアップ講習会を実施しました。講習会の収録動画はこちら(要認証)をご覧下さい。
・その他、2021年度からの新システムに関する詳細は 学術情報基盤システム更改サイト(要認証) を参照ください。

学術情報基盤 ログインに関する情報(必ずお読み下さい)

★2021年度からの新システムに関する詳細は 学術情報基盤システム更改サイト(要認証) を参照ください。

★基本的なログインの流れ
1. 各サービスでアカウント(たとえば、Googleの場合 @go.tuat.ac.jp や @st.go.tuat.ac.jp まで入力するメールアドレスの形)を入力する
2. 開いた統合認証システムのページ(以下の画像)では、TUAT-ID(@以降は入力しません)を入力する
3. パスワードを求める画面が表示されるのでパスワードを入力する
SignIn.png
★新システムのログインに関するマニュアル
学術情報基盤システムSSOスタートアップガイド [PDF]
→Google/Microsoft/Zoom等各種サービスのログイン方法が記載されています
(このページは認証不要。その他は 学術情報基盤システム更改サイト を参照のこと。)

★新たにシステムを利用開始になる方
新たに本学の情報システムを利用開始される場合はアカウント初期設定が必要です。アカウント初期設定は申請管理システムの専用サイト(画面右のアカウント初期設定をクリック)より行います。