Tips/FAQ 申請管理(Salut)

※ ここに記載の内容は、公式にアナウンスしているものではありません。そのため、再現確認が取れていないものもありますので参考程度にしてください。

目次

  1. 総合情報メディアセンター申請情報調査に関して
  2. フレンドリメールアドレスの移管申請(引き継ぎ)はどうやるの?【学生】
  3. フレンドリメールアドレスの変更ができない【教職員】
  4. 申請管理システムの初期設定(個人設定)

総合情報メディアセンター申請情報調査に関して

総合情報メディアセンターでは、運営効率化と情報セキュリティ強化の観点から、毎年、全利用者に対して申請情報の調査をお願いしておりますが、本年度から調査方法が少し変更になり、申請管理システムにログインをして行っていただくことになりました。

  1. 総合情報メディアセンターのホームページのメニューから申請管理「salut」に TUAT-ID とパスワードでログインをします。

    ※ ご自身の TUAT-ID が分からない方は、SPICA-ID(教職員は 100、学生は 500 から始まる旧来の ID)でログインする事もできますが、ログイン後の画面の右上に「お名前」が表示されており、その右隣に TUAT-ID も表示されておりご確認いただけます。
    本調査で移管申請を行う場合は、移管先の方の TUAT-ID が必要になります。

    ※初めて申請管理システムにログインをされる方は、姓、名(Japanese/English)の入力と新しいパスワードを各自決めて入力する必要があり、その入力を済ませると申請管理システムが利用可能となります。
    新しいパスワードは 8文字以上 16文字以内、かつ、①半角英小文字、②半角英大文字、③半角数字、④許可された記号の 4つのルールのうち 3つ以上、かつ、アカウントID そのものを含まない文字列にする必要があります。
    また、パスワードを変更する場合、現在使用しているパスワードと同じパスワードは使用できませんのでご注意ください。
    ここでパスワードを新しいものに変更しますので、これ以降は TUAT-ID や SPICA-ID を利用する場面で、新しいパスワードを入力されることをお忘れないようにご注意ください。
    無線LAN の tuatnet 接続をされている方は、パソコンや端末に ID とパスワードを記憶させていると思いますので、パスワードを変更された後に再設定が必要になる場合があります。(参考:学内 無線LAN(tuatnet)に接続ができない場合の対処方法

  2. 申請管理システムにログインしますと、「申請情報調査」の項目に、調査方法の説明があり、続けて調査対象の「申請内容」の一覧が表示されています。(調査対象が無い方は「申請情報調査」項目が表示されませんので回答は不要です。

    今回の対象は次の 6種類の申請です。

    ・教職員向け電子メール( xxxxx @cc.tuat.ac.jp のメール)
    ・教職員向け電子メール( xxxxx @m2.tuat.ac.jp のメール)
    ・メーリングリスト( xxxxx @ml.tuat.ac.jp のメーリングリスト)
    ・認証ネットワーク MAC アドレス
    ・固定 IPv4 アドレス
    ・Webホスティングサービス( http://web.tuat.ac.jp/~xxxx のホームページ)

    ※ IPv4ファイアウォールの設定申請、サブドメイン名の利用申請に関しては、今回の申請情報調査には含みません。

  3. 各申請項目に対して、そのままご本人が利用を「継続」するか、今後利用を継続しないで「削除」するか、他の管理者に「移管」をするかを回答していただきます。

    「継続」する場合: 各申請項目の右端にある「継続」ボタンを押します。
    「削除」する場合:

    各申請項目の右端にある「詳細を確認する」ボタンを押して、
    次の画面の最下部にある「削除申請」ボタンを押し、
    次の画面で「申請する」ボタンを押します。

    「移管」する場合:

    各申請項目の右端にある「詳細を確認する」ボタンを押して、
    次の画面の下方にある「移管申請」ボタンを押し、
    次の画面で移管先の方の「TUAT-ID」を登録し、「申請する」ボタンを押します。

  4. 以上で調査は終了ですが、「移管申請」で移管された先の新管理者は、引き続き申請管理システムにログインをして、「受理」と「継続」の処理が必要ですので、こちらも忘れずに行ってください。

    申請管理システムにログインすると「使用者変更依頼を受けている申請の一覧」に移管された申請情報が表示されますので「返答する」を選択し、次の画面で画面下の「移管申請を受理します」ボタンを押してください。

フレンドリメールアドレスの移管申請(引き継ぎ)はどうやるの?【学生】

本学の大学院へ内部進学した場合、卒業後一定期間旧TUAT-IDでログインできる期間が設けられています。最初に申請管理システムに旧TUAT-IDでログインし、新しく発行されたTUAT-IDに対して移管の申請を出し、申請管理システムからログアウトします。次に申請管理システムに新しいTUAT-IDでログインし、受け取りの手続きをします。これで作業が終了となります。しばらくすると(最大で数日以内には)、前に使用していたフレンドリアドレスへのメールが新しいTUAT-IDに届くようになります。
メールの読み飛ばしがないようにするには、旧TUAT-IDにログインできる間に、旧TUAT-IDのメールアドレスから新しいTUAT-IDのメールアドレスへ転送設定を入れておくのが良いでしょう。
大学院へ進学したらすぐにTUAT-IDを受け取って作業を行いましょう。旧TUAT-IDでログインできる期間はセキュリティ上長くはありません。いつまで旧TUAT-IDでログインできるかは年度により異なりますが、概ね入学時から1週間〜10日程度です。

※ 新しいTUAT-IDでフレンドリメールアドレスを既に設定している場合は、引き継げません。引き続き使いたい場合は新規申請せず、移管申請を行ってください。

フレンドリメールアドレスの変更ができない【教職員】

フレンドリメールアドレスは変更ではなく、削除申請、新規申請となります。尚、一度使用されたフレンドリメールアドレスは二度と使用できなくなりますので、削除時には十分注意してください。

申請管理システムの初期設定(個人設定)

新入生や内部進学生、新着任教職員、再雇用職員など、新しい TUAT-ID のアカウントを貰った方は申請管理システムの初期設定(個人設定)が必要です。(初めて申請管理システムにログインをした時に設定画面が自動に表示されます。)
ネットワークを一時的に利用するための Network ID (nXXXXXXX)を利用される方はこの作業は必要ありません。
今まで使用していたアカウントパスワードの再発行手続きをした場合にも、同じ操作が必要になります。

[入力する項目]

- 姓: あなたの「姓」を入力して下さい
→ 初期設定値: 人事システム・学務システムで性が登録済の際はその姓
- 名: あなたの「名」を入力して下さい
→ 初期設定値: 人事システム・学務システムで名が登録済の際はその名
- 姓(英字): あなたの「性」を英字(ローマ字)で入力して下さい
→ 入力ルール: 最初の1文字目を英字大文字で入力すること
→ 初期設定値: 人事システム・学務システムで英字の性が登録済の際はその姓
- 名(英字): あなたの「名」を英字(ローマ字)で入力して下さい
→ 入力ルール: すべて英字大文字で入力すること
→ 初期設定値: 人事システム・学務システムで英字の性が登録済の際はその性
- 新パスワード: 規則に沿ったパスワードを入力して下さい
→ 初期設定値: 初期設定値はありません
- 確認パスワード: 確認のため同じパスワードを入力して下さい
→ 初期設定値: 初期設定値はありません