学内 無線LAN(tuatnet)に接続できない場合の対処方法

農工大キャンパスで利用できる無線LAN(tuatnet)に接続ができない場合、次の理由が考えられます。

1) ログイン情報(TUAT-ID とパスワード)の間違い(TUAT-ID は教職員6桁、学生 8桁)
2) ネットワークの設定の間違い
3) 保存されたネットワークの設定情報の不具合(パスワード情報の不一致も含む)
4) パソコンのOS環境の問題(パソコンメーカー提供のネットワーク接続ツールとの相性等)
5) 無線LANの利用環境の問題(無線LANアクセスポイントからの電波が弱い等)
6) パソコンの設定や機器自体の問題(tuatnet 等 無線LANのアクセスポイントが表示されない。)

ネットワークの設定が間違っている場合は修正をしますが、設定が正しい場合でも ネットワークの設定を削除する ことで改善される場合があります。
また、無線LANへ 自動的に接続する 設定をしていると、パスワードが記憶されますので パスワードの変更をした後に接続できなくなります。この場合も ネットワークの設定を削除する 必要があります。

[1] ネットワークの設定の確認方法

[Windows7]

  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル - ネットワークとインターネット
    - ネットワークと共有センター - ワイヤレスネットワークの管理」をクリック
  2. 設定一覧から tuatnet を選び、マウスの右ボタンで表示されるメニューから「プロパティ」をクリック
  3. 「セキュリティ」タブの内容を確認します。
    セキュリティの種類:WPA2-エンタープライズ
    暗号化の種類:AES
    「詳細設定」ボタンを押し、「802.1xの設定」タブで「認証モードを指定する」のチェックを「オン」にして「ユーザー認証」を選択して「OK」をクリック
  4. ネットワークの認証方法の選択:Microsoft:保護されたEAP(PEAP)の右横の「設定」をクリックして接続のための認証方法:「サーバーの証明書を検証する」のチェックを「オフ」にする。
    認証方法を選択する:セキュリティで保護されたパスワード(EAP-MSCHAP v2)の右横の「構成」をクリックし、「確認のための認証方法」で「Windowsのログオン名とパスワード・・・」のチェックを「オフ」にして「OK」ボタンをクリックし、「OK」「OK」でパネルを全て閉じます。

[Windows8.1/Windows10]

  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル - ネットワークとインターネット - ネットワークと共有センター - アダプタの設定の変更」をクリック
  2. アダプタの一覧でWi-Fiを選び、マウスの右ボタンで「状態」を表示し「ワイヤレスのプロパティ」をクリックし、上記 [Windows7]の 3番からの内容(セキュリティタブの内容)を確認します。
    「ワイヤレスのプロパティ」ボタンが表示されない時は設定の確認ができないので、ネットワークの設定を削除してから、あらためて設定をします。

[Mac OS X]

  1. 「アップルメニュー - システム環境設定 - ネットワーク」をクリック
  2. 左の一覧から「Wi-Fi」(無線のアイコン)を選び右下の「詳細」ボタンをクリック
  3. ネットワーク名(tuatnet)とセキュリティ(WPA2エンタープライズ)を確認します。

[2] ネットワークの設定の削除方法

[Windows7]

  1. 「スタート」ボタン→「コントロールパネル」をクリック
  2. 「ネットワークとインターネット」の中にある「ネットワークと共有センター」をクリック
  3. 「ワイヤレスネットワークの管理」をクリック
  4. ワイヤレスネットワーク設定の一覧から tuatnet を選択して「削除」をクリック
  5. ネットワーク設定の削除の完了後にパソコンを再起動します。

[Windows8.1]

  1. タスクバー上のネットワークアイコンをクリック
  2. 「接続設定の表示」をクリック
  3. 「ネットワーク - 接続 - Wi-Fi」の箇所にある「既知のネットワークの管理」をクリック
  4. 「削除するネットワークの選択」の一覧から tuatnet を選択して「削除」をクリック
  5. ネットワーク設定の削除の完了後にパソコンを再起動します。

[Windows10]

  1. タスクバーのネットワークアイコンをクリック
  2. 「ネットワーク設定」または「ネットワークとインターネットの設定」をクリック
  3. 「ネットワークとインターネット - Wi-Fi」にある「WiFi設定を管理する」をクリック
    ※ Windows10 Anniversary Update 1607 以降は若干メニューが変更になっています。
    3.「ネットワークとインターネット - Wi-Fi」にある「既知のネットワークの管理」をクリック
  4. 「既知のネットワークの管理」一覧から tuatnet を選択して「削除」をクリック
  5. ネットワーク設定の削除の完了後にパソコンを再起動します。

[Mac OS X]

  1. 「アップルメニュー」から、「システム環境設定」を選択
  2. 「ネットワーク」をクリック
  3. 左のメニューから「Wi-Fi」(無線のアイコン)を選択し右下の「詳細」ボタンをクリック
  4. 「Wi-Fi」タブをクリックして「優先するネットワーク」の一覧から tuatnet を選択して「-」をクリック
  5. ネットワーク設定の削除の完了後にパソコンを再起動します。

[iOS]

  1. 「設定 - WiFi」をタップ。
  2. 表示されるネットワーク一覧から tuatnet を見つける
  3. tuatnet 項目の右にある「 i 」マークをタップ
  4. 「このネットワーク設定を削除」をタップ
  5. 「Wi-Fiネットワーク設定 "tuatnet" を削除しますか?」で「削除」をタップする。

[Android]

  1. ホームから「設定」をタップ
  2. 「無線とネットワーク - Wi-Fi」をタップ
  3. 「Wi-Fi」の一覧から tuatnet を長押しして「ネットワークから切断」を選択
    ※「パスワードが設定していて、設定内容が破棄されますがよろしいですか?」とメッセージが表示された場合は「はい」をタップする。

[3] ネットワークの設定方法 (参考各種資料 - 無線LAN設定例)

[Windows7/Windows8.1/Windows10 共通]

  1. 「スタート」ボタンから「コントロールパネル - ネットワークとインターネット - ネットワークと共有センター」から「新しい接続またはネットワークのセットアップ - ワイヤレスネットワークに手動で接続します」を選んで「次へ」をクリック
  2. 次の情報を入力して「次へ」をクリック
    ネットワーク名:tuatnet
    セキュリティの種類:WPA2-エンタープライズ
    暗号化の種類:AES
  3. tuatnet ワイヤレスネットワークのプロパティが表示されるので「セキュリティ」タブをクリック
  4. 「詳細設定」ボタンを押し、「802.1xの設定」タブで「認証モードを指定する」のチェックを「オン」にして「ユーザー認証」を選択して「OK」をクリック
  5. ネットワークの認証方法の選択:Microsoft:保護されたEAP(PEAP)
    右横の「設定」をクリックして接続のための認証方法:「サーバーの証明書を検証する」のチェックを「オフ」にする
    認証方法を選択する:セキュリティで保護されたパスワード(EAP-MSCHAP v2)
    右横の「構成」をクリックし、「確認のための認証方法」で「Windowsのログオン名とパスワード・・・」のチェックを「オフ」にして「OK」ボタンをクリックし、「OK」、「OK」でパネルを全て閉じます。

[Mac OS X]

  1. 「アップルメニュー」から「システム環境設定」を選択して「ネットワーク」をクリック
  2. 左の一覧から「Wi-Fi」(無線のアイコン)を選択し右下の「詳細」ボタンをクリック
  3. 「Wi-Fi」タブをクリックして「使ったことのあるネットワーク」の下の「+」をクリックし、次の情報に加え
    ユーザ名(TUAT-ID)とパスワードを入力して「OK」をクリック
    ネットワーク名:tuatnet
    セキュリティ:WPA2エンタープライズ
  4. 前の画面で「OK」、続けて「適用」をクリックして完了します。

[Android]

  1. ホームから「設定」をタップ
  2. 「無線とネットワーク - Wi-Fi」をタップ
  3. 一覧から tuatnet をタップし、次の情報に加え ID(TUAT-ID)とパスワードを入力して「接続」をタップ
    EAP:PEAP
    フェーズ2認証:MSCHAPV2
    CA証明書:(指定なし、または検証しない)
    ドメイン:tuat.ac.jp(入力画面が出た場合)

[Android(CA証明書の指定が求められる場合)]

  1. ホームから「設定」をタップ
  2. 「無線とネットワーク - Wi-Fi」をタップ
  3. 一覧から tuatnet をタップし、次の情報に加え ID(TUAT-ID)とパスワードを入力して「接続」をタップ
    EAP:PEAP
    フェーズ2認証:MSCHAPV2
    CA証明書:システム証明書を使用する
    ドメイン:tuat.ac.jp